8/15の靖国神社・ 遊就館

東京 お出かけスポット

2013/8/15

終戦記念日の昨日、靖国神社に参拝してきました。

終戦記念日 靖国神社

もちろん、英霊への参拝を・・というのが目的ではありますが、

せっかく休みなので、
実際にこの日の靖国神社ってどんな様子なんだろう・・?
というのを見てみたかった、というのも正直あります。

終戦記念日 靖国神社

11時半ころ靖国神社に到着すると、境内はものすごい大勢の人がいました。
軍服姿の方・軍歌を合唱されている方も、ちらほら。

国内外のマスコミ関係者・スーツ姿の右翼団体の方々も見受けられます。

ネットで話題になった「アンパンマン」も見ましたが、あれは何だったのか・・

参拝者ですが、高齢の方は思っていたより少なく、
ご遺族に頼まれて参拝に来たと思われる若い方、
友人同士で参拝に来ている学生、
が結構多くてびっくりしました。

終戦記念日 靖国神社

参拝者の列は、第二鳥居より後ろまで達していました。
(ちょうど1時間くらいの行列です)

終戦記念日 靖国神社

ちょうど神門のあたりで、正午を迎えたので、黙祷します。

黙祷の時間が終わると、
右翼団体からの「天皇陛下万歳!」コールがかかり、
なかなか圧巻です。

そのまま進み、英霊に参拝します。

(たまに参列に割り込んで参拝してる方いましたが、
英霊に失笑されると思うので、やめましょうね><)

参拝後、隣接する軍事博物館「遊就館」を見学しました。
遊就館

入口付近以外は撮影禁止なので、写真はほぼありません^^;

館内は、大きく2つに分かれます。

幕末から第2次世界大戦までの日本の歩みを、
時系列に、ディスプレイパネルと資料を展示しているコーナー、
と、
靖国の神となられた英霊たちの写真・遺品等を展示するコーナー、
があります。

右寄りの展示とかいう偏見や批判もあるようですが、
個人的には、そういうことは、全く感じませんでした。
(学校教育での歴史教育感で訪問すると、
違和感はあるかもしれません。)

訪問者、ご高齢の方が多め・・?と想像していたのですが、
若い方がとても多かったです。

驚いたのは、さくって回っても2時間近くかかるほどの、展示品の多さです。
混んでいてじっくりと見れなかかったので、
今度、また、じっくり訪問しようと思います。
(館内には座るところも多く、休憩しながら見れます)

終戦記念日 遊就館 -

見てよかったな、と思います。

実際の近代日本の歴史・当時を生た方々がどう生きたか、を、
偏った目線の情報からのみでなく、
自らの頭で情報を選択しながら勉強していきたい、と思いました。

まだ未訪問の方、靖国参拝の際には一度見学されることをおすすめします。

展示の兵器類もかなり圧巻なので、軍ものオタにもオススメです。

終戦記念日 靖国神社

パール判事、今の日本を見たら、どう思われるかな・・?

最後に・・・

先の大戦にて亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

–(おまけ)——————————————————
■靖国神社での撮影について

靖国神社公式サイトには、神社の撮影について
個人鑑賞の範囲を超える撮影(業務目的や公開目的等)
や取材を行う場合は、靖国神社の事前許可が必要とあります。

どこまでが個人鑑賞??
公開・・・、個人がネットに公開する目的も、もしかしてNG?
と不安に思ったので、今更ながら・・・
電話で聞いてみました。

やりとり、こんな感じです。

qucho「参拝の際、境内の写真を撮って、
ブログ・Twitter等に公開したいのですが、
こういう場合って、事前許可必要でしょうか?」

窓口の女性「記念撮影程度なら問題ないですよ!」

qucho「ブログとかの公開、問題ないですか?」

窓口の女性「問題ないですよ。
ただし、撮影場所はきまってるので、まもってくださいね!
他の参拝者のご迷惑にならないようにお願いします。」

常識の範囲内(他の方の迷惑にならないよう、という一般的なことはもちろん、
撮影自体が神様に対して失礼となるような場所では撮影しない、とか)で、
個人利用で写真撮影する分には、問題ない、
と解釈しました。