歩きかた(その他移動)|ベトナム(ホーチミン)旅行はじめに2

ホーチミン旅行2014

2014/9/18
 
 
⌒(。・.・。)⌒ ・・ホーチミン市、どうやってあるく?・・⌒(。・.・。)⌒
 
 
※「はじめに」に書いたとおり、初心者による初心者向けの旅行記です!
東南アジアで海外旅行初心者に人気、かつquchoも行ったことのあるバンコク(タイ)との比較もつけていきます。
 
 
※今回も、ガイドブックに載ってそうな内容なので、
慣れてる方は、スルーでお願いしますw

 
 
 
ホーチミン旅行で、最初とまどったこと。
それは、市内の歩き方&移動手段です。
 
※パッケージツアー利用してるので、空港&ホテル間は旅行会社による安全送なので、それ以外で。
とはいえ、タンソンニャット国際空港から市内中心部までは車で3-40分なので、
慣れれば手配出来そうですね^^
 
 
予備知識を持って普通に気を付けさえすれば、
結構安心の都市という印象のホーチミン市でした。
 
 
 
■⌒(・x・)⌒あるきかた 
 
ホーチミンといえば、バイク天国!
バイクのことを「HONDA」と言うとか言わないとか^^
 
 
ベトナム(ホーチミン)旅行
 
バイク1台に合法的に大人2人まで、または大人2人&子供3人(計5名!!!)まで乗ってOK!!
(空港・市内の案内のガイドさんのお話し)
 
 
実際4人乗りはしょっちゅう見かけますw
 
とにかく、道路はバイクだらけ!
通勤ピーク時は歩道もバイクだらけです(笑)
ピーク時以外も歩道にバイク乗り込んで来ますけどね^^;
 
ベトナム(ホーチミン)旅行
 
今回はピーク時はタクシー移動。
 
でも、それ以外の時間は基本街を歩いてみましたよw
 
一応信号もあるけれど、信号の数も少ないので、
バイクの(&もちろん車も)合間をぬって道路を横断しなくてはなりません。
 
ガイド本で見たとおり、バイクが進路を調整できるように、
一定の感覚でさっさと道路を横断します。
(怖いからって、引き返したり、急にペースを早めたりしたら、轢かれちゃうかもですよ!)
 
これ、最初、めちゃくちゃ怖い(;´∀`)
 
※道路横断、タイのバンコク程度かと思ってたのですが・・
ホーチミンのほうがずっと難易度高いですね^^;
ギリギリまで迫り来るバイクや大型バスを横目に道路を渡ります。

 
 
最初はなかなか渡る決心がつかない・・です。
が、この街のタクシー運転手は、旅行者だとわかると、道を譲ってくれることが多かったです☆彡
 
感覚をつかめれば、ラッシュ時以外はさくっと渡れるようになる気はします(^_^)v
堂々と道路を横断していると(もちろん、迫り来るバイクや車の走り方はちゃんと見てね)
バイクも車も非常に空気読んだ走り方をしてくれますw
 
 
■⌒(・x・)⌒そのほか(タクシーとか)
 
 
「シクロ」(自転車タクシー)やバイクタクシーはリスクを避けたいので
(人気のないとこに連れてかれたりするという情報があるので。。)乗りませんでした。
 
片言の日本語で営業かけてくる「いかにも」も多いですしね><
 
「シクロ」、浅草の「人力車」の観光案内みたいに思っては行けないのは当然のこと!
 
「バンコクでトュクトュクのってるもーん♪」
なんて思っていいわけではないそうな・・
 
 
こう書いてみましたが、シクロに関しては読んだ情報&旅行会社の現地担当のウケウリ!
 
微妙という情報もあった、タクシーは非常にまともだったので、話半分で聞いてくださいませ(^_-)-☆
 
 
バスは相当まともに移動できるらしいですが、
ベトナム語はまーったくわからない、&英語もカトコトのquchoたちには難しそう><
 
鉄道も、現在地下鉄作ってます!ということで、きめ細やかな移動が出来ない。
 
 
というわけで、タクシーの出番でございます!
 
 
交渉の必要のないメータータクシーにしか当たらなかったので、
快適♪快適♪
 
 
一昔前の情報では、タクシーで「ぼられる」ことが多いようでしたが、
気をつけて乗れば、あまり気にしなくて良さそうな・・
 
 
ちなみに、quchoたちの気をつけポイントは
 
・宿泊ホテルから乗る(ホテルに出入りできるタクシーに乗る)
・安心なタクシー会社を予備知識で知っておく
(もちろん、流しのタクシーで捕まえるのは、知ってる会社のみ)
 
 
タクシー会社は、下記会社が評判がいいようだったので、流しのタクシーは下記に乗りました。
 
・ヴィナサン
・マイリン
 
普通にメーターを倒してくれ、
(一昔前はメータータクシーじゃないのとか、あっても交渉が必要なのが多かったとか。
相場が分かっていれば、多少はチップを支払う感覚だったそうなw)
 
ちなみに、事前の情報収集は、定番の「地球の歩き方」(または(aruco))やまっぷる等以外では
下記雑誌にて行いました。
 
 
■メディアポルト社の「歩く」シリーズ
現地の声を反映した最新情報&地図、安全な移動手段詳細が記載されている。
必読&現地で必携!
 
■山下マヌー氏の「1周間〇〇」シリーズ
■まのとのま氏の「無敵の〇〇」シリーズ
発行から年数が経ってたりして情報は古いけれど、案外役立つ知恵が載ってる。
 
 
 
 
⌒(。・.・。)⌒ -----------リジーさん----------– ⌒(。・.・。)⌒
 
リジーさん「ばいく・・・
れでぃす とか なのかな?」
リジーさん
 
 
りじーさん
 
りじーさんのたいけいでは、れでぃす じゃなくて まだむす かもねw


 

コメント

  1. qucho より:

    すごいですね[絵文字:e-317]
    わたるのに勇気がいるなんて!
    タクシ~もいろいろなんですね
     
    リジーさん 首の襟巻きが暖かそう~(ミンク?)
     
    新米ヘルパーさん
     
    ホーチミンの方々の運転&道の歩き方を見ていると、
    「空気を読む」能力半端ないな!って思えます^^
     
    リジーさんは、お隣さんに「高級な毛皮」と言われてます(笑)

  2. いわし より:

    観光やら仕事やらでトータル半月ほどベトナム行きましたが、あの道の横断は難易度高いですよねー。でも気の短いわたしは待たずに動き始められるので、日本もそうなればなぁと思ったり(^^ゞ
    ちなみにいまさらですが、、、斜めに渡ると良いですよ。左から車がくる道なら右30度くらいに渡ると、車やバイクは避けやすいみたい。
    食べたものの話も楽しみにしています!

  3. qucho より:

    いわしさん
     
     
     
    横断方法・・
    さすが、いわしさんですね!
    (いわしさんのイメージは、ほんのり江戸っ子の・・・バリッバリのキャリアウーマンなのです^^)
     
    初心者による初心者向けの旅行記ですので、こういう貴重な生情報はとてもありがたいです(*´ω`*)
    検索してブログに来てくださる方にも、こういう情報ほしいと思いますので^^
     
    私はまた来年あたりに行きたいな!と思ってるので、次は実践してみます♪
     
     
     
    いつも読み逃げ(というか、RSSリーダーで読んでるので訪問すらしてないかも)ですみません><