北寄貝 刺身つくってみました

レシピ等

2012/8/19

※本記事は見た目が少し気持ち悪い画像があります。
苦手な方はスルーしてくださいませ。

先月、赤貝の刺身を作り(過去記事)、
あまりのおいしさに魚介を自宅でさばくブームとなった相方Bong。

美味しいの食べたいだけでなく、捌いたことをブログに載せてほしそうだったので(笑)、北寄貝捌きをレポしてみます。

上野の魚デパート吉池さん(ビル改装中で現在は駅からちょっとはなれたとことで
こじんまりと営業されてます)にて、苫小牧産の大きな活北寄貝を発見したので購入してみました。

玉子Lサイズと比較してこの大きさです!
(ホントは小さくてもいいから安い貝をたっぷり買いたかった・・)

1個350円。
高いのか安いのかよくわからないけど、お店で刺身食べるよりは安い!

北寄貝 

殻のあいだのくぼんだ部分にからナイフを入れて、貝を殻から外します。
北寄貝 

左右に貝柱があるのでそこをせめると、簡単にぱかっとあきます。

 

(↑クリーム色になっている部分が貝柱)

北寄貝 

上の写真、

黒っぽいのが身(足?)です。
よくピンクの色して売られてるものです。

その右上が貝柱、

その右~右下がヒモ・ワタ等、

一番下が頭、

その右がまた貝柱、

です。

取り出したら、よく洗います。

ぷっくりと太った身、おいしそう~♪
北寄貝 

ぷっくりとした方(上の写真でいうと上側。水管があります。)に包丁を入れ、半分に開きます。

 

 

(↑水管は突起しているのですぐわかると思います)

 

北寄貝 

茶色い部分(内蔵。ウロというそうです)を取り除きます。
北寄貝 

包丁でチャッチャッと取り除けます。
北寄貝 

ヒモ・頭・ワタ一式。

北寄貝 

ワタ等は美味しくないので、綺麗に取り除きます。

綺麗な色のヒモ・頭・貝柱だけにします。
(茶色っぽい、黒っぽい部分は綺麗になくしちゃえばOKです。)

塩氷水で滑りがないようきれいに洗います。

身。
北寄貝

ヒモ。
北寄貝

貝柱。
北寄貝

貝殻に綺麗に載せて写真とろうかな~と思ったら、貝殻は既にBongにより
ゴミ箱行きでした・・・

刺身、このあとさっと湯通しするのが一般的ですが、今回は省略。
(というより、湯通しなしのものを食べてみたかった)

湯通しにより、黒っぽい色がよく見る鮮やかな赤い色になります。

ポイントは、

・ウロはじめ余分な部分はとにかく綺麗に取り除くこと!
(ウロはのこっていると危険・・みたいです・・)

身・ヒモ(頭も)・貝柱のみが見た目綺麗な状態にすること

と思われます。

 

<食べてみた感想>

食べてみます!!

あまーい♪濃厚な甘さ!!
旨みたっぷり♪
食感コリコリ♪

おいしーい(*´∀`*)

身・貝柱・ヒモともそれぞれ違った美味しさで、
食べ比べるのが楽しい♪

身の厚さがすごかった!!

ごちそうさまでした~!!

 

 

Bongいわく、赤貝より断然カンタン!!だそうです。

 

北寄貝捌くのは難しくないので、見かけたら捌いてみてください~!!!

「北寄貝ってこんなに美味しいんだ♪」ってびっくりしますよ~

 

 

吉池さんで新鮮なマグロホホ肉売ってたので、ソテーして食べました!

北寄貝 

わさび醤油で食べると最高(*´∀`*)

 

 

 

コメント