うさぎのリジーさん|腫瘍&罹患子宮摘出手術後約1ヶ月の検診&病理検査結果

日常(~6歳まで)

2016/10/22

昨日はリジーさんの通院日。

病院に摘出した下腹部の皮膚腫瘤子宮の病理検査の説明を受けに行ってきました。

リジーさん

夜、仕事から帰ってきて病院に連れて行こうとしたところ、
リジーさんはその気配を察したようで逃げ回り・・・

しまいには ↓ みたいなせまーい隙間に「ブギューーー!!!」と叫びながら
逃げ込んでいき、脚ダンしてましたw

リジー
(↑500mlペットボトルサイズの隙間です)

この隙間を広げられてしまったリジーさんは、
唖然とし・・もう観念したのか、おとなしく抱っこされてキャリーに連行されましたw

(リジーさんの場合、行動範囲でキャリーに入れると逃げ出すので、
キャリーは行動範囲外に置いておいてリジーさんを抱きかかえてそこまで運んでキャリーにはいってもらってます)


病理検査結果

さて、検査結果ですが・・

下腹部の腫瘤は「毛芽腫」というよくある良性のできものだったそう。
しっかり切除出来たと思われるという検査結果でした。
(再発する可能性も無くなないらしいですが・・・)

卵巣は問題なし。

子宮は左右とも子宮内膜腺癌
子宮筋層への著名な浸潤所見が示されてるため再発や転移に注意が必要とのことでした。(子宮自体はもうないので子宮自体に癌再発はないですがテンプレ通りの文言なのでしょう)

子宮頸は線維化が進んでいたそうです。

3ヶ月程は毎月&その後は少しづつ間隔を伸ばして
転移や再発がないかのチェックを行っていくそうです。
(結構時間が経ってからの転移等も見られるので最初のうち大丈夫だったからといって
安心してはいけない、と)

説明をうけたあとは、レントゲン撮影。

レントゲンの説明を受けるまで、
転移してたらどうしよう・・・とドキドキしながら待っていましたが、
今回は転移している形跡無し、癌以外も問題なしで綺麗ですよ、とのことでホッとしました(・∀・)

先生と、病院に行くきっかけとなったわかりやすく出来てた大きな皮膚腫瘤は良性だったし、
この段階で子宮摘出できてよかったねぇ、とお話しました。

 


ホッとしたついでに・・・
ずっと気になっていたリジーさんの体型に問題がないか(おデブ疑惑)
も質問してみたのですが、標準体型で全く問題なし、とのことでした、
こちらもホッとしました・ω・
(今、問題なしということは昔はやっぱりぽっちゃりだったかも・・)

レディの体重を晒すのは失礼ではございますが(笑)、
リジーさんの今の体重は1.5kg弱です(・∀・)

リジーさん

リジーさん、よく、ぽっちゃりして見える角度で写っちゃってますが、
撮り方によってはそんなに太ってないですよね?

リジーさん「中年太りのquchoとお肉20%増量中のBongにデブって思われてたなんて心外です(゚⊿゚)」
リジーさん

リジーさん、ごめんなさいm(_ _)m

今はもしかして・・・・

ホッソリジー だったかもしれないのに、おデブ疑惑の目で見ちゃってて・・><

なんだか話がずれてきましたが・・

とりあえず、昨日はまぁホッとしました(*´v`)

 


 

■201610/30追記

病理検査結果の補足

※私は動物医療関係者でも人間の医療関係者でもない全くの素人です。
先生の説明に病理検査の報告書を癌サバイバー(笑 って、このセリフも既にもう懐かしいですねw)の身内に
聞いたこととそれを元に調べたことを照らし合わせたことすべて合体されてます。

おかしい記述がございましたら、優しくご指摘いただけますと幸いです(´ε` )

<リジーさんの子宮の癌について 詳細>

・今回の癌の原病巣(癌が発生した組織)は子宮内膜腺。
(ヒトもうさもここがよく癌になるらしいです)。

・子宮筋層への浸潤あり。

これが何を意味するかと言うと・・

子宮の組織、外側から筋層>内膜腺・・・ってなっています。
リジーさんの癌の原病巣(癌が発生した場所)は子宮内膜線。

そして、右の子宮の一部は筋層も癌に浸潤されていれていました。
(癌が原病巣を超えて周囲の組織に広がり増殖するのが浸潤、リンパや血液を通じて全く別の組織に増殖するのが転移。
=転移への前段階に浸潤あり、です。)
→ここまでが病理検査の結果です。

癌が子宮筋層に浸潤している反応があったということは
癌はさらにその周囲の組織を侵していたり全然違う組織に転移している可能性もあります。
→再発や転移に要注意、という見解です。
(子宮自体もうないので子宮腺癌という病名のものは再発しようないですけどねw)

再発・転移等は(ヒトでもそうらしいのですが)
組織が侵されているかどうかはレントゲン検査での細胞変異らしきものがあるか確認
→そこで気になったものがこれが実際癌かどうかは実物を検査しないとわからない、
ので、定期的に検査&検査の結果に合わせた対処の必要がある、ということみたいです。

コメント

  1. みいたん より:

    よかったですねえ!
    やはり人間も動物も定期的な検診が大事ですね。
    人間の方はサボりまくっているので、早めに検診に行かなければと改めて思いました。
    ちなみにみいたんは、定期検診のおかげで歯の異常(伸びすぎ)が見つかり、つい先日カットに行ってきました。
    もしかしたら、くしゃみは歯の伸びすぎから来たのかも?と思うくらい、歯のカット後はくしゃみ(のようなもの)が出ていません。
    これからは、牧草をたくさん食べて欲しいところですが、好き嫌いが激しくあまり牧草を食べないので心配です・・・
    ちなみに、ちいちゃんは好き嫌いなく何でも食べますw

  2. qucho より:

    みいたんさん
     
     
    ありがとうございます(*^^*)
    病気は早期発見&早期発見のための検診が大事!と、わかりました。
    人間の方・・・耳が痛いですw
     
    みいたんちゃん、くしゃみが治まったのですね!よかったです(・∀・)
    原因は歯だったかも・・(?)ですか!&やはり検診大事ですね!
     
    たしかに、歯のためには牧草もモリモリ食べてほしいですよねぇ・・
    みいたんさんのことですから牧草は色々試されているのでしょうけれど・・
    みいたんちゃん、それでもあまり好きはないのでしょうね><
     
    ちなみに、もともとは牧草苦手&硬い牧草は今でもNGのリジーさんの好物は、
    牧草の袋に溜まっているカスみたいな部分(たぶんみんな捨ててる部分)ですww
    この部分をたっぷり入れておくと●が特大になります・ω・
     
     
    みいたんちゃんとちいちゃん、性格からなにからホントに全然違うのですね!
    お世話が忙しそうです(´ε` )

  3. なっちゃん より:

    腫瘤が良性で良かったね~安心で着たね。
    で、ちょっとわからないのは、子宮がんの素(っていうのか?)は、まだ体に
    残ってるってこと?だから今後も転移する可能性があるのかしら?
    子宮は取ってしまったけど、撮る前から兆候があったから取ってもまだ
    可能性としてはあるってことなのかな。
    でもそうか。人間だってガン手術をしても、5年再発しないように
    経過を見ていく必要もあるんだもんね。それと同じかなぁ。
    ウサギは何年再発しなければ安心なのかわからないけど
    でも今のリジーさんは元気。
    これからもずっとずっと元気だよ(*^▽^*)
    ウサギのチカラとか、プロポリスとか(ごめん、ガン予防に良いかわからないけど)
    ウサギの体に良い物もあるし、それらを活用するのも良いかもしれないね。
    リジーさん。これからも病院頑張ろうね!
    帰ったら美味しいオヤツ貰っちゃおうね^m^
    その、狭い場所に入り込んでも、クーチョさんにつかまっちゃうよ~(笑)

  4. 良かったね!リジーさん!このまま楽しく過ごそうね~(^^)

  5. qucho より:

    なっちゃん
     
    いつもありがとうございます^^
    リジーさん、がんばりますよ~♪
    いざという時のため、病院になれないとですものね!!
     
    癌の内容、わかりにくかったですか><
    子宮の癌についてですが、ちょっと違うかも・・だったので、別記事で補足させていただきますね^^

  6. qucho より:

    シオンパパさん
     
    いつもありがとうございます!
    あと10年くらい(←希望w)は一緒に楽しく過ごす予定ですよ(´ε` )