うさぎのリジーさん|寝床のシーツの肌触りに厳しいうさぎ

うさぎ リジーさん 日常(~8歳まで)

先週末はブログ更新をサボってしまいましたが・・

リジーさんは元気です。

 

ただ、ここ数ヶ月ちょっぴり問題がありまして・・

 

リジーさん、年齢のせい(現在7歳7ヶ月)かもしれませんが、日中のトイレ(小)は自分の寝床でトイレを済ますことが増えてきました。

 

夜はほぼ完璧にトイレ(寝床から1メートルくらい離れたところにペットシーツを直敷きしたもの)でするのですが、日中はどうもトイレに行くのが億劫なようです。

(初夏にうっ帯になった時に、「寝床がちょっとくらい汚れても平気かも」と、気づいてしまったのかもしれません。。)

うさぎ リジーさん

(↑寝床でくつろぐリジーさん。現在、リジーさんの寝床は、ミニテーブル下のペット用ベッドです。

おしっこ対策に、ペット用ベッドの上にペットシーツを敷いて、その上に布シーツをかぶせています。)

 

シーツが汚れているのに気がついたら交換するようにはしているのですが、自分たちも日中は外出してしまうので・・

 

リジーさんはおしっこをした上に寝転がってしまうこともあり、足の裏やお腹が少し汚れるようになってしまいました。

(まだ毎日汚れをケアする必要があるレベルではなく、数日に一度ケアすればいいレベルではあるのですが^^;)

 

この、シーツを即乾吸水性の布にすれば、汚れも軽減できるに違いない、と、色んな即乾吸水生地をシーツにしてみたのですが・・・

 

リジーさん、布の肌触りに大変厳しいのです。

(昔からです。そして、人が触って肌触りがいいな、と思う布は、リジーさんも大抵気に入ります。)。

 

そのため、今のところ即乾吸水生地(SUSUマット含む)でリジーさんが納得する布が見つかっていません。

(リジーさん、嫌いな布を寝床にしくと、シーツをひっぺがしたうえで、ペットシーツもろともグシャグシャにしてしまいます。かといって、ベッドにペットシーツをひくだけだと、「ここはトイレじゃない!」と憤慨した様子をみせます^^;)

 

 

 

 

 

うさぎ リジーさん

 

肌触りの良い吸水即乾生地を早く探して、オリジナルシーツを作ってあげたいのですが・・

なかなかハードル高そうですねぇ。

 

布探すより、こまめにリジーさんのお手入れを手伝ったほうが、早そうな気もします。

 

うさぎ リジーさん

 

リジーさん「うさぎだって、気持ちいい環境で寝たいんだよ」

うさぎ リジーさん

 

 

コメント