うさぎのリジーさん|7歳半&色んな変化

うさぎ リジーさん日常(~8歳まで)

リジーさん、7歳半を迎えました。

ちょっとしたシニアの年齢(人間ででいうと60歳台前半くらいらしい)になったリジーさん。

 

7歳頃から、「リジーさん、ちょっと年とったかなぁ」と思わせるところが少々出てきました(※1)が、初夏のうっ帯をきっかけに、更に色々でてきました。

若い頃と比べると気をつけることが増えたな、というレベルで、リジーさん自体は元気なほうとは思うのすが・・

 

 

※1 トイレの範囲がひろがったり、ダッシュ&空中ひねりジャンプのジャンプのキレが以前よりなくなったり・・。お手入れも若い頃に比べると熱心でなくなりました。

 

 

 

ひとつは、汚したくないはずの寝床での粗相が増えたこと。

そして、もうひとつは、しょっちゅう食の好みがかわること(※2)、です。

そして、天候の変化にも敏感になってきています。

 

 

 

※2 歯のせい?とも思いましたが、その時の好みに合う牧草であればモリモリ食べるのでおそらく歯の問題ではなく加齢のせいだと思っています。リジーさんの歯は、獣医師3名が問題なしとの見解で。

初夏に、かかりつけクリニックでずっとリジーさんを診て頂いていた先生に「一般的には問題がないけれど、もしかすると気にしてしまうこもいるかな?くらいの舌へのあたり具合、でも、よだれも全くないし、食べられているのなら問題ないと思う。カットして様子をみる手もあるが、カットしてしまうと逆に食べなくなるかこもいるので、カットするかどうかの判断は(飼い主に)おねがいします。」とのことでした。

また、院長先生に診ていただいた時も「牧草を食べられているなら歯に問題がない」とのころで・・

 

 

寝床での粗相が増えたこと(とリジーさん自身のお手入れ精度が落ちたこと)により、被毛や皮膚チェック&ケアを頻繁にしてあげるる必要がでてきました。

 

 

これは大した問題ではないのですが、食についてはなかなか苦戦しています。

 

 

前日まで超気に入っていた牧草やカリカリを突然食べなくなったり(食べなくなったものもある日突然モリモリ食べだす)・・・

その日の気分により、食べたいものが日々変わったりもします。

 

 

リジーさんがずーっとお世話になっていたカリカリのバニセレと、牧草嫌い克服のきっかけ&もう何年もリピートしているオリミツさんのロングマットソフトには、残念ながら、お別れの時が来ているようです・・

 

イースターさん・オリミツさん、これまでありがとうございました!

 

 

 

話しそれましたが、リジーさんの現状について・・・

 

牧草も、イタライ(イタリアンライグラス)ならいつでもOKかと思うと、突然イヤになったり・・

普段は見向きもしないオーツヘイをモリモリ食べたり、最近ではもともと全然食べないチモシー一番刈りを好んだ日もありました。

 

今はアラタさんのイタリアンライグラス&麦とウーリーさんのオーツヘイでたいていの日はなんとかなっているのですが、これらを受け付けない日があるので、今後もっと色んな牧草を用意すべきだと思っています。。。。。

 

 

 

 

そして、リジーさんは牧草だけでは身体を維持できないタイプのうさぎさんな気がするので、ペレット選びも重要です。

 

ペレットも健康のためへ最高の品質を・・というよりも、質が悪くない範囲で嗜好性のあるものも色々常備したいです。

 

カリカリは今は、うさぎの極・コンフィデンスプレミアムを軸としています。

(家に残っているバニセレも、一応食べてはいます)

 

 

 

以前、うさぎのしっぽさんで、食欲のないとき食べてくれる可能性のあるペレットのサンプルサンプルを色々いただきました。

ケイバランスとモンラパン(うさぎ作家しらとあきこさんの絵のパッケージ)が、非常に嗜好性が高いようで、質も悪くなさそうです。

 

今でも、いただいたサンプル類に助けられています。

 

 

 

さいごに、寝床にて、しっぽをお手入れ中のリジーさんをw

うさぎ リジーさん うさぎ リジーさん

 

 

コメント