ビア&レストラン レバンテ@有楽町|牡蠣フライの名店で的矢がきのフライ

レバンテ

2016/4/3

スポンサーリンク




⌒(。・.・。)⌒ レバンテ@有楽町 牡蠣フライの名店 ⌒(。・.・。)⌒

有楽町の東京国際フォーラムにある洋食屋さん&ビアバーの「ビア&レストラン レバンテ」さんに訪問しました。

牡蠣シーズンもそろそろ終了なので、
牡蠣フライの食べ納めをしたいなぁと思い、都内の牡蠣フライの名店と言われるお店で
まだ訪問したことのないお店を調べての訪問です。
(レバンテさんはそもそも牡蠣で有名なお店なので一度訪問してみたいとは思っていました。
自分は読んだこと無いのですが松本清張作品ほか様々な小説にも登場する老舗レストランだそうですね。)

土曜のランチタイムのラストオーダー時間(13時30分)ぎりぎりくらいの訪問です。

ランチメニュー

ランチメニューは1080円(ドリンクバーつき)から。

ランチメニュー

牡蠣フライは1480円のと
三重ブランドに認定されている「的矢かき」を利用した2060円のものがあります。
ランチタイムは、ライスまたはパン、スープ、ドリンクバーがセットになっています♪

相方Bongと2人でそれぞれ1品づつ注文しようとしたところ、
「今日は1480円の方が終わってしまったので的矢かきのフライを1480円で提供しております」とのこと、
何て真面目な、良心的なお店なのでしょう.゚+.(・∀・)゚+.

というわけで、注文したのは「的矢かきのフライ」と

ビール

相方Bongのビール。

■的矢かきのフライ

 的矢がきのフライ

牡蠣は特別大きいものではないようです。
(と言っても見るからに衣がうす~いのでそこそこの大きさです)

 的矢がきのフライ

いただきます!

 的矢がきのフライ

ものすごく美味しいです(*´∀`*)

牡蠣自体が美味しい♪
ぷりっとしっかりとした食感で、旨みは強いけどあっさりというか、なんだか不思議な美味しさです。

 的矢がきのフライ

ナイフで切っても身崩れしません。

牡蠣自体を楽しめるようにうすーくつけられた繊細な衣は、牡蠣との一体感がいいです^^
レモン汁のみで美味しくいただけます。
タルタルソースやソースもつけてみましたが、レモン汁のみが一番♪

タルタルソースはあっさりしてて、普段は牡蠣フライならタルタルよりソース派なのですが、
この牡蠣フライにはソースよりこのタルタルのほうが合ってました。

これは確かに2000円級の牡蠣フライだと思いました^^

牡蠣は、小さめのものは2個まとめて提供されているようです。

衣が薄く油っぽさ皆無なので10個以上食べられちゃいそうです、もっと食べたい><

スープ

セットのスープはきのこバターソテーのスープ、普通に美味しかったです(・∀・)

ライスや付け合せも特に印象に残らないのですが、
牡蠣フライに添えられたレモンは大きさも絞りやすさを考慮したカッティングもいいなぁ、と。

また、ドリンクバーの紅茶とコーヒーがドリンクバー用に作りおきのものにしては美味しかったです♪

美味しかったです!
ごちそうさまでした!

老舗レストランなのに全く気取ってなく手軽に訪問できる感じのお店ですが、
空席があっても、まだ片付いていなかった窓際の見晴らしの良い席をささっと片付けて案内してくれるあたり、
流石だなぁ、と思いました^^

とても真面目で実直な経営なさってるから長年愛されているのだろうなぁ、と思えるお店でした。
また牡蠣フライを食べに訪問したいです♪

※カキフライ、食べ比べしてみました!

ビア&レストラン レバンテ@有楽町|牡蠣フライの名店で牡蠣フライ食べ比べ
東京国際フォーラム内老舗洋食屋さん&ビアバー「ビア&レストラン レバンテ」さんは、牡蠣の名店として有名です。レバンテさんの「的矢がきのかきフライ」はとにかく絶品!曜日に関係なく提供されているランチセットがお得です。

■レバンテ@有楽町

公式食べログ

⌒(。・.・。)⌒ ———–リジーさん———— ⌒(。・.・。)⌒

リジーさん「今日もモリモリ食べるよ♪」
リジーさん

食欲があるのは元気な証拠だね^^

スポンサーリンク