ラオスフェスティバル2017@代々木公園

ラオスフェス2017 ミーカティ
スポンサーリンク




⌒(。・.・。)⌒ラオスフェスティバル2017@代々木公園⌒(。・.・。)⌒

少し前のことですが、5月27.28日に代々木公園で開催されていた「ラオスフェスティバル2017」に相方Bongと行ってきました。


ラオスフェスティバルについて

ラオスフェス2017

ラオスフェスティバル(以下、ラオスフェス)は毎年5月に代々木公園で開催される、日本最大規模のラオス紹介イベントです。

公式サイト

過去記事(昨年)

ラオスフェスティバル2016@代々木公園
代々木公園で開催されたラオスフェスティバル2016に行ってきました。都内でも専門店が少数しかないラオス料理。ラオス料理は初チャレンジでしたが、タイ料理に似ていて(もっと食べやすいかも)美味しかったです!

(ちなみに、代々木公園では5月には、カンボジアフェス・タイフェス・ラオスフェスと東南アジア関連のイベントが毎週のように開催されます。)

このラオスフェス、個人的には、東南アジア料理好き(特にタイ料理好き)や、小さなお子様がいるご家庭にはナカナカおすすめできるイベントだなー、って思っていたりします。まだ2回しか行ったことないですけどねw

まず、東南アジア料理好き(特にタイ料理好き)向けな理由として、

  • ラオス料理はタイ東北料理と似た料理が多いこと
  • タイ料理好きの祭典「タイフェス」ほど混まないこと(公式サイトでは「ほどよい混み具合」と奥ゆかしい表現をしていて、それがラオスっぽくてなんだか微笑ましい^^)

ちなみに「ラオス料理店を提供している」と謳っているは日本でも有数・専門店となると、都内でもたしか現時点で1-2店としかないはずです。

そんなラオス料理って、どんな料理なのでしょうか?

ラオスフェスティバル公式サイト内には、下記の記載があります。

「このお店、タイフェスにも出てた!」「ラオフェスってリトルタイフェス?」という声も聞きます。
ラオフェスお勧めは、ラープ(ひき肉サラダ)、サイワ(豚のハープ入り焼きソーセージ)、ピンガイ(鳥焼き)、カオプン(ココナッツ風味の麺)、カオニャオ(もち米)、カオピァック(ラオスラーメン)、タムマークフン(辛い青パパイヤサラダ)、ビアラオ(ラオスビール)、です。

ラオフェスは一見タイ料理レストランが多いように見えますが、実はそうではありません。ラオス人オーナーがタイレストランを経営している場合もあります。それでもラオス料理店は日本には数えるほどしかないので、タイレストランの力もお借りしながら、ラオス料理を出してもらったり、タイにもラオスにもある料理でもラオス語で提供して頂いています。ラオスにあるぜひラオス料理を楽しんでください。(※ケバブ屋さんもいます)

ラオスフェスタの楽しみ方  16.ラオス料理とタイ料理 より引用)

タイ料理がお好きな方からすると「列挙された料理、タイ東北料理ばかり」と見えるかもしれませんねw

そして、ラオス料理をお店で食べたい自分にとっても、タイ料理店のなかで東北料理をウリにしているお店を色々あたってみれば、ラオス料理を食べられるチャンスがあるかもwという、嬉しい発見です!

ちなみに、ラオスフェスティバル公式サイトは、ちょっぴりクスっとなるような、読みやすく、読んでいて楽しい文章で書かれています。ちょっぴりでもラオスに興味をお持ちであれば覗いてみると良いでしょう(・∀・)


そして、小さなお子様がいるご家庭にいいのでは、と思ったのは

  • お子様が遊べる環境を会場が用意していること
  • そこまで混んでいないこと(2017年時点)

からです。自分には子供がいないので、あくまでも、「きっといいのではないかな?」という目線からですけどね^^;

ラオスフェス

会場内にはこんなキッズスペースがありますよ。

自分たちのことですから、フェスのお楽しみはモチロン料理。

ステージ会場にはあまり興味がないのですが、料理以外でたのしかったものがひとつありました。

それは、ロケット祭りというラオスのお祭りを模したものを、主催者サイドが会場内を練り歩いて見せてくれたものです。民族衣装に身をつつんだラオス美女・元美女・老若男女が会場内を踊りながら練り歩くのを見るのはテンション上がりました^^

写真や動画も撮ったのですが、写っている人たちに許可もとってないので、載せられません・・

さて、以下は食べたもの飲んだものを。


ラオスフェス グルメ

ビアラオダーク

ラオスフェス2017

ラオスの黒ビール。

ラオスフェス2017

東南アジアのビールらしくあっさり、ナカナカ美味しい。

黒ビールっぽくない飲みやすさでした。

ミーカティ

ラオスフェス2017

料理、まずは都内唯一のラオス料理店(かつタイ料理店)の阿佐ヶ谷の「サバイディー」さんへ向かいます。このお店、店舗に行ってみたいと思って、1年経過してしまいました・・

★★★☆☆3.57 ■忘新年会のご予約受付中♪貸切OK!☆シェフはタイの東北(イサン) ■予算(夜):¥1,000~¥1,999
◆◆サバイディー・タイ&ラオス料理◆◆

ラオスフェス2017

去年はセットメニューをいただいたので、初めての料理にチャレンジしますよ!


ココナツミルク混ぜ麺との説明があったラオスの麺料理「ミーカティ」。500円なり。

ラオスフェス2017 ミーカティ

お・・・美味しそう・・

(中央の赤いものは、店頭で自分でチリオイルとナンプラーと砂糖をプラスしたもの)

これが、とーっても美味しかった(*´ω`*)

正直、野外フェスでこんなに美味しい東南アジア麺をいただけるとは思ってなかったです。

ココナツミルクスープも、たーっぷりのミンチ肉と薬味・ハーブの野菜の相性が(・∀・)イイ!!

豚の皮なんかもはいっていて。これがまた美味しい!

ラオスフェス2017 ミーカティ

あと、びっくりしたのがこの米麺。

これが、結構コシがあって驚きの美味しさ!

揚げ春巻き

2本で300円。

ラオスフェス2017 春巻き

揚げたてアツアツ。

これまたとても美味しい!!!

ラオスフェス2017 春巻き

具は、ひき肉に春雨に・・他にも色々入ってたと思うのですが、びっくりしたのがおそらく生のもやしがたっぷりはいって(もしかしたら事前に軽く茹でてるのかも)揚げられていること!

そのため、いくらでも食べられそうな軽ーい食感のです。

これは新鮮!!初めていただくタイプの揚げ春巻き!

揚げ春巻きも国によって色々なのですね♪

ラオスフェスに行ったら、サバイディーさんの料理を食べておけば間違いないでしょう!

去年も今年も美味しかったです(*´ω`*)

うちからはちょっと遠いお店ですが、やっぱりお店にも行ってみたいなぁ・・


ラオスセット(ラープムー タムマークフン カオニャオ)

ラオスフェス2017

メジャーどころのラオス料理のセットも食べたい!

サバイディーさんところで買えば間違いないのはわかってるのですが、去年も食べたしなぁ・・、他のお店のもたべてみたいぞ!

というわけで、千葉の「プラトーン」さんブースへ。

ラオスフェス2017

こちら、パクチートッピング無料で、たっぷりのパクチーをトッピングしてくれます。(すごく日本的w)

500円の「ラオスセット」を購入します。

ひき肉&ハーブのサラダ「ラープ」と青パパイヤのサラダ「タムマークフン」とインディカ種のもち米を蒸した「カオニャオ」のセット。

どれも美味しかったです。

「ラープ」はもっとハーブが効いてると嬉しかったな、「タムマークフン」は本気の辛さで攻めてきたのでビックリΣ(゚Д゚)

このセットのコメントが淡々としているのは、初めて頂く料理でないからなだけで、おいしくなかったからではないですよ!


ガパオドック

最初に断っておきますが、これは思いっきりタイ料理(タイのファストフード)です。

ラオスフェス2017

ひき肉とガパオ(ホーリーバジル)の炒め物、日本での通称ガパオをドッグパンにはさんだもの。

タイで結構人気らしいと何かで見て、食べてみたかったのですよw

ラオスフェス2017 ガパオドッグ

(↑ガパオの葉っぱがちらっと1片見えますね。これは、注文後に提供されたドックを見たBongが「ガパオがまったくはいってない・・」と、じーっとドックを見つめていたところ、それを察したらしき店員さんが慌てて葉っぱを入れてくれたものですw)

ラオスフェス2017 ガパオドッグ

お、いいですね!

あまいドッグパンとガパオミンチ炒め、相性いいんですね!!

今度自分でガパオミンチ炒めを作ったときには、ライス以外にパンにもはさんでみようw

感想

美味しかった&楽しかったです!

ごちそうさまでした!

来年も行こうと思っています!

(自分は代々木公園タイフェス・ベトナムフェスは人の多さにちょっとげんなりしてしまい、もう行かなくなってしまった系のヒトです。。)


⌒(。・.・。)⌒ ———–リジーさん———— ⌒(。・.・。)⌒

リジーさん

リジーさん、それのお顔、ちょっと変顔じゃない?

スポンサーリンク