旭山動物園 1日目 その2

旭山動物園2012冬季

旭山動物園の1日目の記録:その2です。
その1はこちらから・・
 
もうすぐ14時、もうじゅう館へ急いで向かいます。
 
もうじゅう館到着。
まず、ヒグマがお出迎えです。
でも、ずっと寝てます。。
ヒグマ
 
お隣りには、ゆきひょうアムールトラ・ひょうがいました。
寒さに強い種だそうです。
ヒョウ
 
ヒョウ
 
ヒョウ
 
急いでひょうをみながら階段を上り、上からもう一度ヒグマを確認。
やっぱり寝てます。。
でも立派な爪なのはよくわかりました。
 
ヒグマ
 
そしてライオン
サバンナの王様が雪景色の中にいるのは何とも不思議な光景です。
らいおん
 
きっと寒いのでしょう、雪がない板の上にずっといて、時々雪のない道を行き来しています。
らいおん
 
見学スペースの横は暖かくなっているのか、ガラス越しですが直ぐ横でライオンを見学できます。
ズーム無しの撮影で、この距離感、すごい迫力です!
ライオン、他の動物園では遠くからしか見たことなかったのですが、近くで見るとほんっとにカッコイイ♪
さすが百獣の王、貫禄たっぷりです。
 
らいおん
 
その横にはトラがいます。
トラももとにかく直ぐそばで見れます!!
トラ
 
かっこいいですねぇ( ,,-` 。´-)
トラ
 
こちらもズーム無しでの撮影です。
ド迫力のあくびを見ることができましたよ(^^)v
トラ
 
お次はオオカミの森・エゾジカの森へ向かうことにしました。
その前に、Bongが軽食コーナーで発見したあるものを食べに行くことになりました。
軽食コーナーには、「鹿」メニューがあったのです。
 
軽食メニュー
 
こちらが「しか肉のタレカツサンド」です。
シカバーガー
 
残念ながら、濃いタレとたくさんのマヨネーズで鹿肉がどんな味かはよくわかりませんでした。
きっと、癖のある味だからそれをカバーしてるんだろうな・・って思いました。
でも、ふつーに美味しいおかずパンでした。
パン自体も美味しいからパンも温かくしてほしかったなぁ。。
 
しかし、エゾシカ丼というのももあったから、そっちのほうがよかったのかな?
 
寄り道しましたが、オオカミの森・エゾシカの森へ向かいます。
途中には小獣館がありました。
寒い時期のほうが活発に動き回るというレッサーパンダ、冬はつり橋を渡る姿をよく見れる、とガイドブックに載ってましたが。。
つり橋の上で寝てましたw
 
レッサーパンダ
 
レッサーパンダ
 
雪のオオカミ発見。
オオカミ
 
ホッキョククマ館と同じように、ここにも捕食者(エゾシカ)の目線からオオカミを観察できるトンネルがあるとのこと。ワクワクw
オオカミ
 
トンネルからはオオカミがまったく見えませんでした、残念。。
館内を出たらオオカミの軍団発見。
基本みんなゴロゴロ横になってましたが、この2頭は仲良く動き回ってました。
こうやって見てると結構かわいくて、犬とそんなに変わらないんだけどなぁ。。
 
オオカミ
 
オオカミの森の横には通路をはさんでエゾシカの森があります。
そして、両方とも柵がお互い結構低いのに驚きました。
オオカミって、この程度の柵飛び越えてシカを襲っちゃうんじゃないの?って感じです。
でも、案内のおじさんは、「これまで一度もそういうことはないから大丈夫ですよ」っておっっしゃてました。
いいの、それで??
 
エゾシカ
 
エゾシカ
 
エゾシカの角の重さを体験しよう、というヘルメットがありました。
何kgあるのか超重い・・、シカは肩こらないんだろうか・・という代物でしたよw
エゾシカのつの
 
もう閉園(15:30)まであと1時間ほどしかありません。さくさく回ります。
 
次はタンチョウ舎。
quchoはたぶん、タンチョウを初めて見たと思います。
カッコイイですね~
タンチョウ
 
観察ホールの直ぐ近くにエサが置かれていて、直ぐ近くでタンチョウを見学できます。
タンチョウ
 
去年4月にリニューアルされた施設のようですね!
タンチョウ
 
次は、もうきん舎。
とにかくでかくて強そうな鳥たちがいっぱいいます。
 
オジロワシ?
 
リジーさんは見ただけで気を失うかもしれません。。
オジロワシ
 
次はお猿さんの仲間たちへ。
 
まず、オラウータン
夏季開園時は、この楽しそうな機器で遊ぶのでしょうね。
オラウータン
オラウータン
 
温かい室内で寝てましたw
案内員さんが名前を呼んでくれましたが、爆睡中のようでピクリともしません。
オラウータン
 
オラウータン舎の横には巨大なシカ、ワピチがいました。
メス1頭しかいなくてさみしそうでした。
※画像がどこかにまぎれてしまったので、みつかったらアップします。
 
 
シロテナガザル
 
なかなか愛嬌のあるお顔です。
シロテテナガザル
 
ママが亡くなってしまったため、パパが育児中・・という親子サルがいました。
※画像がどこかにまぎれてしまったので、みつかったらアップします。
 
 
チンパンジー館へ入ろうとしたら、向かいに、北海道産動物コーナーがありました。
 
キタキツネ
 
ちっちゃいですねぇ、「るーるるるる」と呼んでしまったのは、quchoだけではないはず。
ストレスなのか、ずっとうろうろと動き回っていました。
キタキツネ
 
エゾユキウサギ
 
保護色のため、夏と冬では被毛が異なるそうです。
夏は茶色・冬はシロ。鼻の周囲だけグレーでちょいブサ模様でした。
1匹だけで、寂しそうに見えます。
 
エゾユキウサギ
 
右のほうにある、大量の野菜、みえますか?
なかなか大胆だな~って思いましたw
エゾユキウサギ
 
ふくろうたち色々。
冬季は半分くらいの種類展示のようでした。
ふくろうって、顔が目をつぶったおっさんみたいです。。
 
ふくろうたち
 
ふくろうたち
 
ふくろうたち
 
ふくろうたち
 
ふくろうたち
 
ふくろうたち
 
そして、チンパンジー館へ。
 
チンパンジー
 
 
チンパンジー、どこの動物園でもみれるのですが、ここではチンパンジーの新たな魅力を発見しました♪
ホント、奇跡のタイミングだったのでしょうけどw
 
入り口近くではなぜか毛のない(換毛中?)のコがひらすら煮干食べてました。
チンパンジー
 
チンパンジー
 
最初は、小さめのチンパンジー2頭が、遊んでただけでしたが。。
チンパンジー
 
チンパンジー
 
ボスのような風格のある大きなチンパンジー(以下ボス)が起き出しました。
そして、ボスは突如大きな音のする金属の鐘(?)をリズミカルに鳴らし始めたのです!
 
チンパンジー
 
チンパンジー
 
すると、アラ不思議。
ほぼすべてのチンパンジーがその音に合わせるかのように生き生きと動き出したんです♪
空中ブランコをして、ガラスケース越しに観客を蹴ったりハイタッチしたり!!
チンパンジー
 
そして更にすごいのがボス!
まるでライブ中のミュージシャンのようにノリノリです。
向きを変えて鐘を鳴らしたり、後ろ足キックで鐘を鳴らしたり、手を上げて音頭をとったり、走り回って大きな音が出るものをリズミカルに鳴らしまわったり。。
なかなかロックです。
チンパンジー
 
チンパンジー
 
ボスの鳴らす音が小さくなると、他のチンパンジーのテンションもちょっと下がり、音が大きくなるとハイテンションになり・・の繰り返しです。
quchoもガラス越しにハイタッチしてもらいましたよw
 
チンパンジー
 
チンパンジー
 
うー、どこにでもいると思ってたチンパンジーの展示がこんなに楽しいとは・・
いつまでも見てたかったのですが、もう時間があまりない(′`)
この時はまさか翌日も来園すると思ってなかったので、レッサーパンダと、あとペンギンもクマももう1回見なくては・・、とチンパンジー館を後にしました。
 
次は、レッサーパンダへ。
 
今度は元気に動き回ってます。
この2頭はおばあちゃんと孫娘とか♪
 
レッサーパンダ
 
レッサーパンダ
 
動くぬいぐるみそのもののキュートさでした
レッサーパンダ
 
レッサーパンダ
 
レッサーパンダ
 
閉演まであと10分切ってしまいました。
次はいつ来れるかなぁ・・と思いつつ、最後にクマ・アザラシ・ペンギンを見て園を後にしました。
 
くま
 
流氷あざらし
 
ペンギン
 
ペンギン
 
ペンギン
 
 
おまけ
 
旭川駅近くの町並み
旭川にて
 
コンビニで見かけた北海道限定商品と思われるモノたち。
 
しか肉のみそそぼろお握り。
食べてみました。
野味あふれるうまみのある肉にしっかりした味付けでなかなか美味しいです。
旭川にて
 
釧路ざんぎお握り。
食べてみました。
ただのから揚げマヨネーズお握り?って感じです。
ざんぎはやっぱり揚げたてじゃなきゃなのかな。。
旭川にて
 
その他、ザンギ系の巻物たち。
旭川にて
 
旭川にて
 
夕飯は、地元民用と思われる炉辺焼きメインのお店と、観光客向けの海鮮系の居酒屋をはしごしてみました。
 
 
2日目の記録へと続きます。
 
楽天トラベル株式会社
国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』

北海道への旅行なら楽天トラベル
恋に効く貸し切り・露天で★8800円のプレミアム温泉ステイ★

複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約

スカイマーク航空

航空大手10社の空席状況が今すぐ分かる!

お得な国内航空券・パッケージツアーは【H.I.S.】

 
 


 

コメント