前衛的すぎ!!赤羽の七福神 布袋尊

赤羽 七福神

2012/11/26
 
 
今日は、記事アップ余力がない時の用の、書きだめ記事、「赤羽七福神シリーズ」ですw
 
さっきまで1時間かけて編集していた、紅葉の記事を保存し忘れてしまい、消えちゃいました。。
もう1回書く余力が危ういのですww
 
気が向いたら、もうちょっとアップしてみますw
 
今回の神様は・・
「布袋尊」です!
 
赤羽 七福神 布袋
 
Baby Baby Baby Baby Baby・・
布袋違いですね(苦笑)
 
でも、めっちゃ右足でリズム刻んでそうなんだもの(^_-)-☆
 
赤羽 七福神 布袋
 
袋を軽々と持ち上げてらっしゃいます!!
 
赤羽 七福神
 
夜は「スリル」な感じ???
↑しつこいってww
 
 
過去にご紹介した、赤羽七福神です。
よろしかったらご一緒にどうぞ!
 
恵比寿天
弁財天
寿老人
 
 
<おまけ>
布袋尊(布袋和尚とも、布袋さんとも)とは・・(quote from Wikipedia)
 

布袋(ほてい)は、唐末の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したとされる伝説的な仏僧。水墨画の好画題とされ、大きな袋を背負った太鼓腹の僧侶の姿で描かれる。日本では七福神の一柱として信仰されている。
 
<日本における信仰>
日本では鎌倉時代に禅画の題材として布袋が受容された。
庶民には福の神の一種として信仰を集め、室町時代後期に成立した七福神に組み入れられた。真言三宝宗大本山清荒神清澄寺では三宝荒神の眷属とされる。肥満体の布袋は広い度量や円満な人格、また富貴繁栄をつかさどるものと考えられ、所持品である袋は「堪忍袋」とも見なされるようになった。


 

コメント